石川不在でも負けない。アビエルが無敵の3連勝!!

日本ペイントマレッツ 23 木下アビエル神奈川
0勝2敗 3勝0敗
1 李皓晴 10-11 6-11 曾尖
蘇慧音 森薗美月
2 加藤美優 9-11 9-11 11-6 9-11 杜凱琹
3 サウェータブット 5-11 11-5 10-11 11-8 12-10 曾尖
4 李皓晴 11-3 7-11 11-5 5-11 11-9 浜本由惟
5 加藤美優 6-11 杜凱琹

 

17時から行われた木下アビエル神奈川と日本ペイントマレッツ戦。木下は石川が不在、オーダー交換を終えた木下の邱建新総監督は「ダブルスはうちが少しきついが、シングルスの4試合はどれもほぼ互角。競り合いになるだろう」と話した。

ダブルスは邱総監督の予想に反して、曾尖/森薗はバックハンドで先手を取ってラリーを有利に進めると、ストレート勝ちを収めた。

初めて組んだとは思えないほど

噛み合っていた曾尖(左)/森薗のダブルス

木下が貴重な先取点をあげる

 

2番は、杜凱琹が加藤のしゃがみ込みサービスに手を焼きながらも、バック対バックのラリーからフォアドライブの威力の差を見せて3−1で勝利。木下が2−0とリードする。

石川不在の中、エースとして奮闘した杜凱琹

三原監督からアドバイスを受ける加藤

 

3番に登場したサウェータブットは、曾尖とのパワー対決に一歩も引かずにパワフルな両ハンド攻撃で襲いかかる。ドライブに打ち合いから、強く弾くバックハンドを使うなど、強気のプレーを続けたサウェータブットがゲームオールの激戦を制して、マレッツが追いついた。

昨日に続いて2連勝と強さを見せたサウェータブット

サウェータブットは魂のプレーでマレッツのピンチを救った

 

3番に続いて4番でも白熱した試合になった。ゲームオールになって、最終ゲームで6−9と浜本にリードされた李皓晴だが、そこから怒涛の5連続ポイントで逆転勝ち。マレッツがホームの意地を見せて追いついた。

3番に続いて、4番でも李皓晴が競り合いをものにする

 

追いついたマレッツはVマッチに加藤を起用。木下のVマッチには杜凱琹の出場が濃厚だったので2番で負けている加藤の起用はないかと思われたが、三原監督はチームのエースを使った。

加藤は2番で効いていたしゃがみ込みサービスを最初から使うなど、スタートから全力を出したが、杜凱琹は「最初の試合である程度サービスに慣れることができたので、Vマッチではうまく攻略できた」と試合後に振り返ったが、出だしからリードを奪って一気に勝負を決めた。

マレッツの追い上げを跳ね返し、杜凱琹が締めくくる

 

木下は石川が不在という劣勢ながら、ギリギリの戦いをものにして開幕から負けなしの3連勝を飾った。

女子で唯一負けなしの3連勝を決めた木下アビエル神奈川