怒涛の勝利。若手の活躍でTOP名古屋、2勝目を挙げる

トップおとめピンポンズ名古屋 31 日本ペイントマレッツ
2勝2敗 2勝3敗
1 梅村優香 11-10 9-11 13-11 サウェータブット
森田彩音 黄郁雯
2 笹尾明日香 11-5 11-7 11-8 相馬夢乃
3 鄭怡静 10-11 11-6 7-11 11-8 11-7 加藤美優
4 森田彩音 10-11 7-11 6-11 サウェータブット

昨日、木下アビエルをビクトリーマッチで破り、勢いに乗っている日本ペイントマレッツ対トップおとめピンポンズ名古屋の試合。
トップのダブルスは、マレッツは昨日勝っているサウェータブット(タイ)と黄郁雯(チャイニーズタイペイ)、名古屋は梅村優香と森田彩音の中央大ペア。
1ゲーム目、9−4とリードを奪ったマレッツペア。しかし、そこから名古屋ペアがまくり、11−10で先取。
2ゲーム目はマレッツペアが奪い返したが、最終3ゲーム目、ジュースの末に13−11で名古屋ペアが押し切った。森田は今シーズンこれで単複5勝目。

名古屋を勢いに乗せた森田(右)と梅村のダブルス

2番は名古屋の笹尾明日香がマレッツの高校生カットマン、相馬夢乃に襲いかかる。笹尾の落ち着いたカット打ちは崩れない。ループドライブからのスマッシュが次々と決まり、5、7、8のストレートで相馬を下した。
名古屋の応援団は大盛り上がりだ。

Tリーグ初試合で、相馬のカットを見事に攻め崩した笹尾

3番はエース同士の対戦となった。名古屋は世界ランキング10位の鄭怡静、対するマレッツは同25位の加藤美優。剛の鄭、柔の加藤の対決は出足からラリー戦になる。
1ゲーム目、10−10からの1本勝負では加藤が得意のしゃがみ込みサービスからの3球目フォアドライブを決め、11−10で先取。2ゲーム目は鄭がギアを上げ、強打で攻め、11−6で取り返す。
3ゲーム目、スタートから加藤がリードを奪い、最後もしゃがみ込みサービスからの強打で11−7。ゲームカウントを2−1とした。
4ゲーム目、6−3で加藤がリードし、このまま逃げ切るかと思いきや、鄭が4本連取し、7−6とひっくり返し、11−8と取り返し、2−2の最終ゲームにもつれこんだ。
最終ゲーム、6−6から鄭が飛ばす。1本ごとに全霊を傾け、その気迫と強打が加藤に突き刺さっていく。7−7から鄭が4本連取し、11−7で鄭が勝利し、名古屋は勝利を消めた。

加藤とのハイレベルなラリー戦を制した鄭怡静。これで名古屋の勝利を決めた

4番は名古屋は今シーズンから参戦し、覚醒している森田と、対するマレッツはタイのエース、サウェータブット。スタートから高速ラリーの展開で、1ゲーム目、10−10からの1本勝負は速いラリーをサウェータブットが制し、11−10で先取した。
2ゲーム目、中盤までは互角の展開だったが、サウェータブットのしゃがみ込みサービスを森田が打ちあぐみ、11−7でゲームを連取した。3ゲーム目もサウェータブットの勢いは止まらない。11−6でサウェータブットが勝利し、一矢を報いた。
「Tリーグは世界のトップのレベルで良い経験になります。いつもタイで練習しているので、すべての試合が役に立ちます。サービス、バックハンドが良くなっています」とサウェータブット。

4番で好調の森田に完勝したサウェータブット

3−1で勝った名古屋はシーズン2勝2敗とした。

笹尾のコメント
「初めての出場だったので落ち着いてやろうと心がけました。いつも違う雰囲気だったので緊張はしましたが、それを表に出さないようにプレーすることを心がけました。相馬さんに対してはバックの裏ソフト面を狙い、ボールを集めました。中央大の二人はチームの味方。すごく楽しくできました。これからも強気のプレーで頑張ります」

名古屋の藤川監督のコメント
「今日はダブルスがすべて。試合の後半でラッキーなポイントもあったけど、よく頑張ってくれました。チームの雰囲気、いいでしょ! 選手が気持ち良く試合できるように送り出すのが僕の仕事。本当に選手たちはよく頑張りました」

若い名古屋から目が離せなくなってきた