田添響がT初勝利! 4人で3点の木下が彩たまを退ける

木下マイスター東京 3-1 T.T彩たま
4勝1敗 2勝2敗
1 丹羽孝希 11-4 11-4 岸川聖也
大島祐哉 髙見真己
2 侯英超 11-3 11-7 11-4 松山祐季
3 丹羽孝希 8-11 11-5 11-10 3-11 10-12 松平健太
4 田添響 6-11 11-5 11-8 11-7 髙見真己

 

 徳島・アミノバリューホールでの今日2試合目は木下マイスター東京とT.T彩たまのカード。昨日、今季初黒星の木下は今日も水谷、張本は欠場。T.T彩たまは絶好調の神、平野が全日本社会人に出場中、ピチフォード、モーレゴードもヨーロッパ選手権開催中で欠場し、コーチ兼任の岸川を含む最少出場人数の4人での戦いとなる。

 彩たまは全日本2位の松山/髙見の起用も予想されたがダブルス職人の岸川とチキータの名手・髙見のペア。髙見はTリーグ初出場。木下は昨日に続き丹羽をダブルスで起用も、パートナーは田添健から大島に変更して試合に挑んだ。試合は終始、木下ペースで進んだ。丹羽が仕掛けて、大島が決めるパターンが随所に見られ、彩たまペアを圧倒。彩たまペアは、テクニックはあるものの決定力に欠け、右利き同士の動きの難しさもあって主導権を奪えない。ラリーになっても丹羽は無理をせずにブロックでつなぎ、大島が仕留めて木下が快勝で先取点をあげた。

それぞれが役割を果たし、木下ペアが快勝

 彩たまは2番も初出場の松山。その松山の前に侯英超が立ちはだかる。松山は序盤から侯英超のバック表からの変化についていけず、ドライブ、ツッツキのミスを連発。侯英超の体勢を崩してもカーブロングから次第に追い込まれ、なす術なしといった様子。対照的に侯英超はサービスでも翻弄し、攻撃に転じれば的確に得点につなげていく。若武者・松山に自分の卓球をさせないまま、侯英超が完勝を収めた。昨季終盤の加入から影の大黒柱的存在となっている侯英超。琉球アスティーダの朱世赫とともに、ベテランカットマンが若手にとって大きく高い壁となっている。

完璧な攻守で松山を料理
頼れる兄貴をベンチが迎える
松山は最後までバック表の変化に翻弄された

 木下が2試合続けて快勝して迎えた3番、オーダー発表の際にもひときわ大きな声援が上がった木下・丹羽と彩たま・松平の天才対決。ダブルスを組み世界選手権で3位、長く練習してきた間柄の2人の昨シーズンのTリーグでの対戦は1勝1敗。

 第1ゲームは松平が積極的にチキータで先手を取り、フォアドライブで得点していく。先攻を許した丹羽は2ゲーム目を出足からスタートダッシュをかけて奪い返す。3ゲーム目は互角の展開ながら10-10から丹羽が得点して王手。すると今度は松平が前陣でボールをさばいて3点で4ゲーム目を取り返す。両者のダイナミックかつトリッキーなラリーに観客は大きく沸く中、最終ゲームも9-9までもつれた。先にマッチポイントを握ったのは丹羽だったが、そこから松平が3本連取で逆転勝利。昨シーズン所属した古巣から松平が勝利をあげた。

ケンタ、古巣から1点を奪い返す
丹羽も好プレーを見せたが、今季初黒星を喫した

 エースの丹羽で敗れた木下は4番に今シーズン初出場、通算でも2試合目の出場となる田添響が出場。「相手の得意なバック対バックにつきあってしまった」(田添響)と髙見に先攻を許す。しかし、2ゲーム目以降はサービスを散らし、ラリーでもコースを変えながら、髙見のプレーを崩していく。随所で持ち前の豪打が炸裂。髙見の前陣での連打を中陣でしのぎながらバックドライブで反撃に転ずるなど、徐々に自分のペースに引き込み2、3ゲームを連取。4ゲーム目、レシーブからの展開で苦しんだが、終盤には激しいラリー戦で勢いに乗って最後は11-7で決着。田添響のTリーグ初勝利で木下が彩たまを下し、首位をキープした。

中・後陣は田添響の見せ場
1ゲーム目を奪った髙見だが、その後は決め手を欠いた

 「今日は響がよくやった。他の選手は普通の出来(笑)」と木下の邱建新総監督。水谷、張本が不在の鳴門2連戦を1勝1敗で乗り切った。

 今日のヒーローとなった田添響。「自分が負けても、おそらく侯英超選手がビクトリーマッチだったと思うので、きっと大丈夫だろうと思って気楽にできた。ベンチを見ても邱さんがいて、丹羽さんだったり、大島さんだったり、凄い人がたくさんいるので、自分としても安心できるし、自信を持ってプレーできる。 強くならないと出番がもらえないのが現状。チャンスをもらえた時に結果を残していくことが大切だと思う。水谷さん、張本がいるフルメンバーは本当にすごい。普段の練習から意識を高く持って、みんなに追いつけるように頑張っていきたい」(田添響)

初勝利をあげて応援団に笑顔で応えた

 苦しい戦いとなった彩たまだが、一矢報いた松平は「松山と髙見がTリーグを経験できたことは良かった」とコメント。

 「前半2敗してからのスタートだったけど、僕が勝てば流れが変わると思っていた。4番も良い試合だったけど、勝負の世界はそんなにあまくなかった。木下の選手はやっぱりみんな強い。初めて松山と髙見が試合に出て、独特の雰囲気で試合をできたことは彼らにとって良い経験だと思うし、それをチームとしても次に生かしていけば良い」(松平)

 両チームは3日後、春日部に舞台を移して再戦となるが、結果はいかに。