初のVMで浜本が見事勝利!木下アビエル神奈川が連敗脱出

トップおとめピンポンズ名古屋 23 木下アビエル神奈川
2勝3敗 4勝2敗
1 梅村優香 11-5 10-11 13-11 曾尖
森田彩音 森薗美月
2 笹尾明日香 8-11 7-11 11-7 9-11 浜本由惟
3 鄭怡静 3-11 11-7 6-11 11-7 11-8 石川佳純
4 森田彩音 8-11 9-11 5-11 曾尖
5 鄭怡静 9-11 浜本由惟

 

山梨甲府開催の女子Tリーグの3日目。

昨日、若手の活躍で日本ペイントマレッツを下したトップおとめピンポンズ名古屋、3連勝からの2連敗で、今日なんとしても3連敗は阻止したい木下アビエル神奈川が対戦した。

昨日と同じオーダーで臨んだ名古屋は、トップのダブルスで中央大ペアの梅村優香・森田彩音を起用。対する木下は曾尖・森薗美月。

巻き込みサービス、ストップ&フリックの多彩なレシーブで相手を翻弄した梅村・森田が第1ゲームを奪う。第2ゲームは中盤の4連続ポイントで8-5とリードした名古屋ペアがこのまま逃げ切るかと思ったが、終盤で森田のバックにミスが出て、木下がさらに逆転でゲームを奪い返す。

最終ゲームも一進一退でデュースに突入したが、最後は森田がフォアドライブを決めて、名古屋が先制する。

抜群のコンビネーション!笑顔でハイタッチの中大ペア

 

続く2番は、笹尾明日香対浜本由惟。昨日、見事なカット打ちを見せてチームの勝利に貢献した笹尾だったが、この試合は浜本が一枚上手だった。序盤は笹尾のバックを攻めて、バックに意識が向いたところで、バックドライブをストレートに抜く巧みなコース取りを見せた浜本。ラリーになってもミスがなく、笹尾も打つ手がない。

第3ゲームは、ミドルのボールを豪快なフォアドライブで打ち抜いた笹尾がゲームを奪い返したものの、続く第4ゲームも終盤で再びギアを入れ直した浜本が突き放し、3-1で勝利をおさめた。

「(笹尾さんは)過去何回か対戦していて、勝ったり負けたり。すごく強い選手なので、最後まで頑張ったのが良かったです。サービスがうまくいきました」(浜本)。

巻き込みのロングサービスも光っていた浜本

 

1-1のタイとなって、3番は両チームのエース対決、世界ランク10位の鄭怡静、同8位の石川佳純というカードに。

好調なスタートを切った石川は、鄭怡静をスピードで圧倒し、3点でゲームを奪う。しかし、鄭怡静も黙ってはいない。第2ゲームは得意のフォア強打で得点を重ね、それにより台上で慎重にいきすぎた石川にミスが出てしまう。

第3ゲームは石川、第4ゲームを鄭怡静が取って、勝負は最終第5ゲームに。石川にレシーブでフリックを打たせ、それを狙い打った鄭怡静がリードを奪う展開。石川もなんとか食らいつきたいが、肝心のフォアドライブが入らず、11-8で鄭怡静が勝利した。

エース対決制して、鄭怡静、吠える!

 

「プレーは悪くなかったし、すごくいいプレーも結構あった」と試合後の石川。

悔しさは残ったが、手応えもつかめた敗戦だった

 

名古屋が王手をかけて、4番は森田彩音対曾尖。豪快に両ハンドを振る曾尖に対して、バックハンドでコースを突いて振り回したい森田だが、曾尖の回転におされてバックでミスを連発。ストレートに狙ったバックハンドがなかなか入らず、苦しい展開が続く。逆に勢いに乗る曾尖は、第3ゲームではバックへのコースを読み切って、フォアドライブを叩き込むなど、ダブルスでの悔しさを晴らすかのようにアグレッシブなプレーが光る。結局、曾尖がストレートで森田を下し、ヴィクトリーマッチに持ち込む、貴重な勝ち星をあげた。

強烈なフォアドライブで森田を沈めた曾尖

 

そして、ヴィクトリーマッチは、名古屋の大黒柱・鄭怡静に対して、木下は絶対エースの石川ではなく、2番で好調なプレーを披露した浜本をぶつけた。

「初めてのヴィクトリーマッチで緊張した」という浜本だったが、巻き込みサービスが効いて、リードを奪うと、鄭怡静のフォアドライブもバックでしのぎ、11-9で勝利。

ヴィクトリーマッチを浜本に託したエースの石川もホッとした表情。「1ゲームなのでドキドキして、今日は浜本由惟ちゃんのおかげでチームも勝てたのですごくホッとしてます。うれしいです!」と後輩をねぎらった。

トップのダブルスがなかなか勝てず、エースまで敗れるという崖っぷちの木下アビエル神奈川だが、ポイントゲッターとして成長を見せる浜本の活躍で3連敗を免れた。