平野・早田不在でも強い!日本生命が名古屋にストレート勝ち

トップおとめピンポンズ名古屋 04 日本生命レッドエルフ
2勝4敗 3勝3敗
1 森薗美咲 2-11 6-11 陳思羽
森田彩音 前田美優
2 鄭怡静 11-5 9-11 9-11 11-9 7-11 ユ・モンユ
3 森田彩音 4-11 11-4 5-11 10-11 陳思羽
4 梅村優香 5-11 6-11 6-11 森さくら

 

4日間にわたって開催されたTリーグ甲府大会もいよいよ最終日。ラストを飾るのは、トップおとめピンポンズ名古屋vs日本生命レッドエルフのカード。

ともに2勝3敗で並んでおり、なんとか直接対決を制して3勝3敗のタイにしたい両チームだが、日本生命は昨日まで出場していたエースの早田ひながパラグアイオープン参戦のため欠場。苦しい布陣での戦いとなったものの、逆に気合いが入ったのか、前回王者の強さを見せつける一戦となった。

まず1番のダブルスで、名古屋は昨日とはペアリングを変えて森薗美咲・森田彩音を起用。対する日本生命は今季2戦2敗とあと一歩で勝利を逃している陳思羽・前田美優で挑んだ。

「梅村・森田が来ると思って準備をしてきたが、相手が右右のペアに変わって逆に有利になった」と村上監督も語るとおり、序盤から日本生命ペアが一気に流れをつかむ。前田がバックでチャンスを作って、陳思羽が両ハンドで決めるコンビネーションが決まり、1-2から驚異の10本連取で第1ゲームを奪うと、続く第2ゲームも危なげないプレーで勝利をあげた。

「2回ダブルスに出させていただいたけど、2回とも負けてしまっていたので、今日は絶対勝ちたいと思って試合に入りました。(陳選手とは)言葉が通じないので難しい部分があったが、3試合目ということで、今回はお互いの特徴、苦手なところを話し合ってやることができて、連携がうまくいきました。勝ててすごく嬉しいです!」(前田)。

3度目の正直で初勝利。このままチームの主力ペアになっていけるか

 

日本生命は課題だったダブルスで見事に勝利。これでチームに勢いがつくと第2マッチではユ・モンユが粘り強いプレーで会場を沸かす。

鄭怡静と対戦したユ・モンユは、第1ゲームはフォア前に来るサービスに苦戦し、ラリーでも先にミスが出てゲームを落とすが、2ゲーム目からはより鋭くバックを振っていき、バック対バックでペースをつかむと、攻められる展開では冷静にブロックで対処し巻き返す。むかえた最終第5ゲームも、チキータなど攻めでミスが出た鄭怡静に対し、きっちりバックハンドを入れたユ・モンユがリード。最後は鄭怡静がサービスミスをして、ユ・モンユが相手のエースを破る大きな一勝を上げた。

ユ・モンユがベテランの巧さで鄭怡静の豪打をはね退けた

 

続く3番は、森田彩音vs陳思羽。中盤から森田の台上プレーとカウンターに苦しめられた陳思羽だったが、長めの下回転サービスを相手のバックに送る展開でペースをつかみ、3-1で辛勝。日本生命が3点を連取し、チームの勝利が決まった。

単複2点を叩き出した陳思羽

 

しかし、日本生命の勢いはまだまだ止まらない。4番は、シングルス初出場となる名古屋の梅村優香を日本生命の森さくらが圧倒。梅村のバックの変化ボールを物ともしない両ハンドドライブの猛攻で一気に突き放し、サービスではショートサービスとフォアへのロングサービスをうまく混ぜて梅村のレシーブミスを誘うなど、クレバーなプレーも光った。堂々たる戦いぶりで森もストレートで勝利。

最後まで突っ走った森。最後も歓喜のガッツポーズ

 

梅村はシングルスの初陣を飾れず

 

平野美宇、早田ひなという両輪を欠いた中での今季初の4-0勝利。勝ち点4を獲得した日本生命レッドエルフが単独2位に浮上した。

「昨年はダブルスが勝っているから、みんなが楽に戦えて力を発揮できたけど、今季は追い詰められて戦っているから、早田も負けたりする。やっぱりダブルスで勝てたことが一番大きいですね。本当は今日は負けると思っていたくらいで、それが4-0で勝つとは。みんなが危機を感じている時のほうがプレーがいいですね。“誰かが勝つでしょ”と余裕を持っているとだめ。今日は“私が勝ちます!”という感じでやってくれた」と予想外の快勝に村上監督の顔もほころんだ。

前回王者の意地を見せた日本生命レッドエルフ

 

女子Tリーグの2019-2020シーズンの序盤戦はこれで終了。次回は11月23日(土)横浜にて、木下アビエル神奈川vsトップおとめピンポンズ名古屋から再スタートの予定だ。