松平が2勝の大活躍! 彩たまがホームで木下を退ける!

T.T彩たま 3-1 木下マイスター東京
3勝2敗 4勝2敗
1 松平健太 11-8 11-7 宇田幸矢
平野友樹 張本智和
2 ピッチフォード 11-6 11-7 11-8 水谷隼
3 神巧也 10-11 7-11 8-11 張本智和
4 松平健太 11-2 7-11 11-9 6-11 11-8 侯英超
今季初のホームゲームを勝利で飾ったT.T彩たま

T.T彩たまの今シーズンホームゲーム初戦の舞台は埼玉県春日部市にあるウイングハット春日部。対するは初代王者で今シーズンも首位を走っている木下マイスター東京。台風一過による影響で各地で気温が上昇する中、ここ埼玉でも熱い戦いが繰り広げられた。

第1マッチのダブルス。ここまでダブルス3戦3勝の黄鎮廷が不在の彩たまは、松平健太/平野友樹ペアを初起用。対する木下は昨年の全日本選手権ベスト4の宇田幸矢/張本智和ペアが登場した。宇田はTリーグ初登場となる。
「岡山戦のダブルスで勝利していて前回の木下戦では丹羽選手に勝っていて勢いのある松平と安定感のある平野。シングルスで誰を使うかということよりも、まずダブルスを勝とうということでこのふたりに決めた」とT.T彩たま・坂本監督。Tリーグ初参戦の宇田にやや硬さが見え、いつものような超攻撃卓球が影をひそめる木下ペアに対し、ミスが少なくしっかり得点を重ねる彩たまペア。右利き同士のペアリングは不利に思えるかもしれないが、練習をやり込んできた彩たまペアには全く問題なし。2-0で若手ペアを下し、ホームでの第1マッチとして勢いをつける最高の立ち上がりとなった。

右右ペアはガッツポーズも息ピッタリ!
Tリーグ初出場の宇田(左)はホロ苦デビュー

第2マッチは彩たま・ピッチフォードvs.木下・水谷隼。18年世界選手権団体戦以来の対戦となる両者だったが、「水谷の方が緊張しているようだった」とピッチフォード。水谷のバックサイドに早い打点で攻め込んでいき、11-6で第1ゲームを奪った。第2ゲームは水谷がやや距離を取りお互いが緩急をつけ主導権を奪い合う、戦術での争い。4-7とリードされたピッチフォードだったが、水谷の揺さぶりにもリーチの長さを生かして食らいつき、一気の7ポイント連取で第2ゲームも奪った。
第3ゲームもピッチフォードの勢いは止まらず2-0とリードしたところで水谷がタイムアウト。しかし流れを変えることができずに3-0。このままやられるわけにはいかない水谷は1-4から4-4に追いつき、4-5、5-5、5-7、7-7とシーソーゲームを展開し、世界レベルのプレーに観客も大いに湧いた。しかしここから7-10とマッチポイントを奪われた水谷。ピッチフォードのチキータをバックストレートにノータッチで抜いて8-10とするも反撃はここまで。最後はピッチフォードのドライブを止めきれずにオーバー。「台上のボールを攻め、早い段階で厳しいコースにボールを送れた。ファンのみんなに支えてもらい、チームのみんなにも助けられて最後まで強い気持ちで戦えた」というピッチフォードがホームのファンに向かって特大のガッツポーズを決めた!
今シーズンから加入したピッチフォードが続き、首位木下に王手をかけた。

ファンに向けてガッツポーズのピッチフォード
控えめなガッツポーズも
ピッチフォードはリーチが長くコースを読みづらい

第3マッチは岡山戦で林昀儒を下して絶好調の彩たま・神巧也vs.木下・張本智和。とにかく打ちまくる神と張本との打撃戦に期待された第1ゲームの1球目、神がなんとサービスミス。チームの勝利が懸かった場面での大一番で硬くなっているのかとも思われたが、0-2とリードされれば、3-2で逆転。3-5で再び逆転されれば5-5と取られたら取られた分だけ取り返すという豪快なプレースタイル同様の展開で彩たまファンを盛り上げる。9-10から10-10となり、一本勝負に持ち込んだところで坂本監督がタイムアウト。張本のチキータを封じる勝負のロングサービスを狙うが、なんと台からオーバーしてサービスミス。1本目とラストがサービスミスという珍しいゲームになってしまった。この嫌な流れを最後まで断ち切れなかった今日の神。第2ゲームは出足で0-5、第3ゲームは0-4と序盤に大量失点を喫してしまい、どちらのゲームもじりじり差を詰めるのだが、7-11、8-11で落としストレートで張本に敗れた。
勝利した張本は、これが今シーズンシングルス2戦目での初勝利。「相手はサービスがうまかったが、第1ゲームを取れて第2ゲーム以降落ち着いて戦えた」とコメント。

好調・神を退けた張本

木下が1点取り返して1-2となった4番は木下のポイントゲッター侯英超が登場。王手をかけている彩たまは第1マッチのダブルスで勝利している松平健太だ。ヴィクトリーマッチに持ち込みたい侯英超と勝利を決めたい松平の戦いはお互いの技術をすべて出し切る死闘となった。第1ゲームは11-2で松平。パワードライブを次々と打ち込み、このゲームを圧倒した。しかしここで終わらないのが侯英超。多くの選手を苦しめるバックカットの変化、カーブロングを織り交ぜ松平にまともなカット打ちをさせない。第2ゲームは11-7で侯英超が取った。ここから侯英超のペースになってもおかしくないところだが、第3ゲームは松平が踏ん張る。0-3、3-3、3-5,5-5、5-7、7-7と先に連続ポイントを取られてもしっかりと同じポイントを奪い返す。9-7から9-8と1ポイント返したところで侯英超がタイムアウトを取るが、逆に松平が連続ポイントを奪って11-9。ゲームカウント2-1とした。しかしやはり簡単には勝たせてくれないのが侯英超。第4ゲームは2-2から一気に6連続ポイントを奪い、このゲームを11-6で取り勝負は最終ゲームへ持ち込まれた。
「(最終ゲームは6-6からのスタートだが)焦らず1本1本しっかり打った」と松平。7-8とリードされたが、焦って一本調子で打ち込むのではなく、台上で2バウンドするのではないかという短いループドライブで前に寄せてから攻撃するなど長短と緩急も織り交ぜ1本1本丁寧に試合を組み立て、侯英超の反撃にもしっかりブロックした。「今回初のホームゲームでアウェイのときからすごい声援を送ってくれたが、今回はそれ以上でものすごく高いモチベーションにつながった」とファンの声援をしっかり受け取った松平健太が侯英超を撃破! 彩たまが3-1で木下を下し、今季初のホームゲームで嬉しい勝利を飾った!

松平が決めた!
ケンタスマイル炸裂!

「木下と戦うことは針に糸を通すような作業」とインタビューで表現した坂本監督。「兄弟のような岸川コーチと遅くまで入念に打ち合わせをした」と現役時代にダブルスを組んでいた“サカキシ”ペアは健在のよう。第3マッチで張本に敗れた神に対しては「神がキャプテンとして入ってくれたことは本当に大きい。今日は敗れてしまったが、選手やスタッフのサポートを含めて本当に感謝している。神の成長は他の選手への刺激にもなっている」と選手の入れ替えがあった今シーズンも良いチーム環境を築けているとコメント。明日の岡山戦に勝利すると木下を抜いて首位に立つだけに、チーム・ファン一丸となって勝点を獲りにいく構えだ。

坂本監督もこの笑顔