これぞホームの力! 4−0勝利でT.T彩たまが首位奪取!

T.T彩たま 4-0 岡山リベッツ
4勝2敗 1勝5敗
1 松山祐季 11-5 11-10 𠮷田雅己
髙見真己 吉村和弘
2 ピッチフォード 11-9 11-4 11-4 上田仁
3 松平健太 11-3 10-11 11-9 7-11 13-11 吉村和弘
4 神巧也 11-6 9-11 11-9 11-6 町飛鳥

 

T.T彩たまのホームゲームの2連戦目。開場直前に雷鳴轟き、あいにくの天気となった会場のウイング・ハット春日部周辺。昨日は木下マイスター東京を下し、地元・埼玉のファンに最高の笑顔をプレゼントしたT.T彩たまは今日も勝利し、一気に首位に躍り出ることができるか。対する岡山リベッツは現在3連敗中。昨シーズン2位の岡山だが序盤戦は苦しい戦いとなっている。

第1マッチ、彩たまは松山祐季/髙見真己のペア。今年の全日本選手権準優勝ペアがTリーグ初登場だ。岡山はダブルスの要である森薗政崇がパラグアイオープン参戦のため欠場していて、𠮷田雅己/吉村和弘のペアリング。愛知工業大現役の彩たまペアvs.愛知工業大OBの岡山ペアとの先輩後輩の対戦となった。
先手を奪ったのは後輩ペアの松山/髙見。丁寧な台上処理で優位に立ち、1-1から5連続ポイント、6-4から4連続ポイントと固めてポイントを奪った松山/髙見が1ゲーム奪取した。先輩の意地を見せたい𠮷田/吉村はチキータをカウンターで狙い、バックサイドを強く攻めるなど、強気に応戦。1ゲーム目とは逆に4連続ポイントを奪って5-1とリードした。しかしリードされても慌てなかった松山/髙見。5-5に追いついてから5-8と再びリードを許し、6-9で終盤で迎えると4連続ポイントで逆転のマッチポイント。ここは𠮷田/吉村ペアに1本返されて10-10の1本勝負になるが、松山が3球目をフォアクロスに決めて勝利!  「Tリーグで組むのは初めてだったけど、組み慣れているパートナーなので落ち着いてプレーできた(髙見)」と、「Tリーグで試合するのが目標で、1勝することが出来たので成長できたかな」と謙虚に語った松山。黃鎮廷不在のダブルスを若手ペアがきっちり代役を務めた!
岡山リベッツの白神監督は「森薗不在のダブルスは上田を出そうかとも思ったが、上田は研究されているので𠮷田/吉村を起用した。ここのところ流れが良くないのでガラッと変えたかった」とダブルスの起用についてコメントしてくれたが「松山/髙見が出てくると思ったので先輩風を吹かせてくれると思ったのですが笑」とユーモアも忘れなかった。

試合後に笑顔を見せた松山(左)/髙見!
先輩ペアに勝利した!
敗れた𠮷田/吉村

第2マッチはピッチフォードvs.岡山のキャプテン・上田仁。昨夜、木下マイスター戦で水谷をストレートで下したピッチフォードは今日も好調をキープ。第1ゲームは長いリーチのピッチフォードを左右に揺さぶってから決め球をミドルに持ってくる上田のパターンに失点が目立ちシーソーゲームとなるが、第2ゲーム以降は終始ピッチフォードのペース。一撃で抜き去るような強烈なボールは出さないのだが、相手の打ちにくいコースを的確に射抜き、じわじわ相手を窮地に追い込んでいく。安定感のあるプレーが持ち味の上田のさらに上をいくようなオールラウンドプレーで上田を圧倒して昨日に続いてのストレート勝利。昨日は笑顔がぎこちなかったピッチフォードだが、連日のファンからの声援に応えるように柔らかい笑顔が飛び出した。

丁寧なコース取りと配球で非常にクレバーなピッチフォード
今日は笑顔が弾けた!

ピッチフォードに完敗の上田

彩たまの2-0で迎えた第3マッチ。昨日2勝をあげヒーローとなった松平健太が登場し、彩たまファンのボルテージは一気にMAXに。声援を受けた松平は躍動。ラブオールから5-0とエンジン全開。強打を誇る吉村にほとんどプレーをさせないような圧力のあるプレーで11-3で奪った。1ゲーム目は成す術のなかった吉村だが、早い打点でバックサイドを攻め、松平を守勢に回して今度は吉村が第2ゲーム5−0とリード。強打をさせると厳しくなる松平は台上の短いボールを使い、反撃開始。4-9から6連続ポイントで先にゲームポイントを奪ったが、10-9で吉村の強烈なバックストレート攻撃を浴びて10-10とされると、続くポイントも回り込みフォアドライブを決められて、このゲームを落とした。
続く第3ゲームは松平のフォアサイドを攻めた吉村が3-0リード。松平は前のゲーム同様リードを許す展開となるが、6-8からレシーブの場面で2点取って追いつくと、8-9でカットブロックでチャンスを作って打ち抜くと10-9のゲームポイントではフォア連打を決めて、ゲームカウント2-1と王手をかけた。ここで敗れるとチームの負けも決まってしまう吉村は、第4ゲームでは再び豪打炸裂。中盤の大事な場面で剛球を打ち込み、常にリード。8−7から3点連取して最終ゲームへと持ち込んだ。
6-6からの最終ゲーム、7-6から7-8とリードされたところで坂本監督がタイムアウト。ここで「今日の健太なら大丈夫!」と激励を受けた松平が10-8で3連続ポイントでマッチポイント。黙ってはいられない吉村の強打が唸りをあげ、10-11と逆にマッチポイントを奪われるが、しのいで迎えた12-11。渾身の回り込みフォアドライブをクロスに決めて見事に勝利!
敵将・白神監督も「いつもキレイな卓球をする松平選手が倒れながらでも1点を取ってやろうという気迫が伝わってきた」と脱帽。昨日に続いてフルゲームの激闘を制した松平健太。3試合連続勝利した彩たまがホーム2連勝を決めた!

ケンタが跳んだ!
連日の激闘を制し、今日もケンタスマイル!
随所に豪打を見せた吉村だったが…

T.T彩たまの勝利が決まって第4マッチまで行うのがTリーグ。彩たまは勝点4を目指し、岡山は一矢報いるための第4マッチだ。神巧也vs.町飛鳥、中・高・大・実業団と同じ道を歩んできた手の内を知る者同士の対決となった。「ずっと一緒にやってきた相手だったのでお互いすべてを知っているが、試合ではあまり勝ってなかったので正直自信はなかった」という神だったが、1ゲーム目は圧巻の“ジンタクショー”。闘志むき出しの神が11-6で1ゲーム先取した。神に攻めさせたくない町は、神が下がったところを見計らって短くブロックするなど打ち気を出す神をかわしていく。第2ゲーム9-7から9-8でタイムアウトを取った神だったが、9-9でフォアをノータッチで抜かれると、続くポイントは神のフォアドライブがオーバー。ゲームカウント1-1のタイになった。町は打点を落としたループドライブや力を利用させないようなゆっくりめの誘い球で神をラリーに引き込み、第3ゲームはリードする展開となるが、神は「坂本監督、岸川コーチが自信をつけさせてくれるような言葉をくれて、チームメイトやファンのみなさんも声援をたくさん送ってくれた」と諦めないプレーで接戦となった第3ゲームを11-9で奪取。第4ゲームも大きな声援を背に受けた神が再び躍動し雄叫び連発。最後はバックvs.バックで押し込んだ神が11-6で制し、3-1で町に勝利。ホームでの4−0勝利を頼れるキャプテン・神が決めた!

 

神だ!
神だ!!
神だ!!!
町、一歩及ばず

ホーム2連勝を飾り、勝点14で首位に立ったT.T彩たま。好調の要因を聞かれた坂本監督は「好調の要因…すばらしいサポーターのおかげです!」と地元ファンに感謝を表すと「ファーストシーズンを含めて首位に立ったのは初めて。首位を譲る気はないので、これからはもっともっとみなさんの応援が必要になります。10倍の応援をお願いします!」と呼びかけた。4−0勝利を決め勝利インタビューを受けた神も「今日は松山/髙見も勝利をあげ、ピッチフォードと健太さんもつないでくれた。たまたま自分がここに立っていますが今日はチームの勝利です!」とチーム一丸となって戦った勝利を喜んだ。次戦は11月23日(土)の岡山戦で約2ヶ月間隔が開くが、首位として堂々と中盤戦へ向かう。

敗れた岡山リベッツはこれで4連敗。岡山の白神監督は「正直連敗はしんどい。しかし、今日のオーダーはある意味では当たって、4-0で勝つか0-4で負けるかどっちもあり得ると思っていた。今後はこういう戦い方も必要になってくる」と中盤終盤へと視線を向けた。

笑顔でT.Tポーズ!