琉球の勢いが止まらない!! 木下を倒し、破竹の4連勝で単独2へ

琉球アスティーダ 3-1 木下マイスター東京
4勝2敗 4勝3敗
1 李平 11-9 9-11 11-9 水谷隼
陳建安 大島祐哉
2 吉村真晴 11-9 6-11 11-3 6-11 11-9 侯英超
3 朱世赫 5-11 10-11 11-10 3-11 水谷隼
4 陳建安 11-8 11-7 6-11 11-10 宇田幸矢

 

 開幕2連敗から怒涛の3連勝を決めた琉球アスティーダは、地元沖縄で木下マイスター東京と対戦。琉球のベンチは昨日の岡山リベッツ戦と同じ、アウェイの木下はエースの水谷は出場するが、張本と丹羽はベンチメンバーに入らず。水谷、侯英超との2枚看板で勝利を狙う。

 第1マッチのダブルス。琉球は昨日勝利を上げた李平/陳建安ペア、木下は不動の水谷/大島ペアだ。琉球ペアは昨日試合をしているため出足から全開。対する木下ペアは久しぶりの試合のためか硬さたが見られてミスが目立つ。中陣でのドライブの打ち合いになっても琉球ペアは体勢が崩れないが、木下ペアの動きは鈍く、先にミスしてしまう。7-1と琉球ペアが突き放したが、エンジンがかかってきた木下ペアが追い上げる。逆転のムードも漂ったが、琉球ペアがしのいで11-9で1ゲーム目を取る。

 2ゲーム目は木下ペアが序盤で点差を離し、今度は琉球ペアが追い上げを見せるも、11-9で木下ペアが逃げ切る。6オールからの最終ゲームは一進一退の攻防になり、9オールに。ここで李平がバック側深くのツッツキを一撃のバックドライブで得点すると、次のポイントも取り、琉球ペアが勝利。混合ダブルスの世界チャンピオンでもある李平はダブルスの戦い方がうまく、陳建安とのコンビネーションも抜群。李平/陳建安という頼りになるペアが誕生した。

2ゲーム目から力を発揮した木下ペアだったが僅差で敗れた

 

前日に続いて抜群のコンビネーションを見せた琉球ペアが先制する

 

 第2マッチは吉村と侯英超。初対決の組み合わせはレベルの高い、激しい展開になった。1ゲーム目のスタートで侯英超の猛烈に切れたツッツキレシーブを2度続けてネットミスした吉村はベンチを振り返って苦笑い。だが、ループドライブで粘るカット打ちではなく、サービスから3球目で強打を打っていく吉村のカット攻略に侯英超はカット、カーブロングともに台に収めることができない。1ゲーム目は吉村が奪う。

 2ゲーム目、侯英超のツッツキとカットを吉村が打ちあぐんで落とすと、3ゲーム目の8-3で吉村リードの場面で、吉村の打ったボールがエッジで入ったと判定されると侯英超はこれに首を傾げて猛抗議。スコアは変わらずに試合が再開されると侯英超はレシーブをわざと2本続けてミスしてゲームセット。なんとも嫌なピリピリとした空気が会場に流れる。

 4ゲーム目になると侯英超はスタートから得点のたびに吠えてプレー。これに吉村は調子を崩したのか簡単にゲームを落とす。最終ゲームは9オールから吉村が目の覚めるようなドライブを決めて11-9で勝ち、琉球が2-0と木下をリードする。

鬼のような形相で必死にプレーするも最後に力尽きた侯英超

 

苦しみながらも初対決を制した吉村。琉球が木下をたたみかける

 

 第3マッチは朱世赫と水谷。前回の対決では朱世赫が勝っているが、あとがなくなった水谷はドライブに強弱をつけて朱世赫のカットを攻略。水谷のドライブを朱世赫がカットで何本も返し、甘くなった水谷のボールを朱世赫が反撃すると水谷はロビングでしのぐ。攻守が入り乱れるスーパーラリーの応酬に観客は熱狂。最後は集中力が切れた朱世赫を水谷が下し、3-1で勝利。木下が1点を返した。

緩急をつけたドライブで朱世赫を攻めた水谷

2ゲーム目の10−10で痛恨のサービスミス。分のいい水谷に敗れた朱世赫

 

 第4マッチ、琉球は昨日はダブルスのみのエントリーだった陳建安が登場。木下はシングルスで初出場の宇田。宇田のリスキーな攻撃を陳建安は時折待ちを外すコース取りを見せるなど経験の差を見せて2ゲームを先取する。宇田は3ゲーム目を奪うと調子が出てきて、4ゲーム目もジュースまで迫ったが、最後は陳建安が強気のプレーで勝利。琉球が木下を3-1で下した。

攻める時は攻め、しっかり入れる時はループドライブを打つなど試合巧者ぶりを発揮した陳建安

宇田は終始アグレッシブなプレーを続けたが勝ちにはつながらなかった

陳建安が勝ち、琉球が4連勝を決める

 

 琉球は開幕から2連敗と苦しいスタートだったが、そこから破竹の4連勝。単独2位になり、首位のT.T彩たまを追う。

 琉球は昨シーズンとはベンチの雰囲気がガラリと変わり、チームに一体感が見られるようになっている。選手補強として、シュセカク、李平というベテランが加わり、吉村は勝ち星をあげるだけではなく、ムードメーカー的な存在としてチームに明るさを与えた。琉球の快進撃はどこまで続くのか? 10月はここで一旦試合がなくなり、次は11月になってからだが、混戦に突入しているTリーグが待ち遠しい。

張一博監督(後列真ん中)は満面の笑みで4連勝のポーズを決める