宇田が2点取り! 木下マイスターが彩たまを下す!

T.T彩たま 1-3 木下マイスター東京
4勝6敗 7勝3敗
1 平野友樹 8-11 11-6 8-11 宇田幸矢
戸上隼輔 田添健汰
2 松平健太 5-11 11-10 11-2 8-11 11-13 侯英超
3 平野友樹 9-11 11-7 11-8 6-11 8-11 宇田幸矢
4 ピッチフォード 7-11 11-10 11-7 11-7 大島祐哉

昨日に続いて、浦和・サイデン化学アリーナで行われたT.T彩たまのホーム2戦目は木下マイスター東京を迎え討った。彩たまは昨日琉球に敗れて3連敗中。なんとかホームでの試合に勝利し、再び首位争いに加わりたい。対する木下マイスターは勝敗数は首位・琉球と同じだが勝点2点差で首位を明け渡している。主力の水谷隼、張本智和、丹羽孝希の3人が不在だが、勝利を収めて本日試合のない琉球にプレッシャーを与えたい。

首位を奪還した木下マイスター東京

第1マッチのダブルス、彩たまは昨日とペアを変更して平野友樹/戸上隼輔のペア。木下マイスターは世界ジュニア混合ダブルスで日本選手初優勝の快挙を達成した宇田幸矢が登場。田添健汰とのペアで挑んだ。

第1ゲームの出足、平野が2本連続レシーブミスするなど、硬さが見られる彩たまペアのミスが目立ち、11-8で木下マイスターペアが奪う。第2ゲームはミスが少なくなり、先に攻撃を仕掛ける彩たまペア。木下マイスターペアは宇田のバックハンドを起点に得点を奪うも及ばず、彩たまペアが11-6で奪い返す。最終ゲーム、彩たまペアは8-6から8-8と追いつくも、攻め手に勝る木下マイスターペアが10-6でマッチポイント。最後は宇田の台上から仕掛けてチャンスを作ると田添のドライブを彩たまペアは止めきれず。

木下マイスターが先制点を挙げた。敗れた彩たまの平野は「粘り強くコートに入れていくのが自分の持ち味なのにそれが出来なかった。パートナーの戸上に申し訳ない」と肩を落とした。

宇田(左)はTリーグ初勝利

第2マッチは彩たま・松平健太vs.木下マイスター・侯英超。

9月10日の試合で大激戦を繰り広げた両者が再び埼玉で対戦した。好試合間違いなしのカードを前に会場もヒートアップ、そしてその期待に応えるかのように試合は今回も熱戦となった。先制したのは侯英超。

1本目のラリーからドライブを放つなど積極的に仕掛けるカットマンの侯英超。カットと攻撃を交ぜ松平のラケット角度を狂わせ11-5で奪取。1ゲーム目をあっさり奪われた松平だが、第2ゲームはしっかり立て直す。球足の短いループドライブや長いツッツキで前後左右に揺さぶる丁寧なプレー。先にゲームポイントを奪われるも11-10でゲームカウント1-1に。松平が第2ゲームを取ったことで地元彩たまファンの応援も一気にボルテージMAX。

そのエールに応えた松平が第3ゲームはスーパープレー連発。攻めさせると怖い侯英超を守勢に追い込み、第3ゲーム11-2で取り王手をかけた。しかしこのまま簡単には終わらないのが侯英超。コートサイドで見ていてビシビシと伝わってくる攻めの姿勢。カットでチャンスを作り、甘い球を決して見逃さずに打ち込んでいく。10-8で迎えたゲームポイントでもドライブをストレートに打ち抜いた。

最終ゲーム、7-9のビハインドでタイムアウトを取った松平が緩急をつけたドライブやドライブマン同士の対戦のような打点の早いカウンタードライブを放つなど、10-9と逆転でマッチポイント。10-10と1点返された場面で、松平が放ったバッククロスへのフォアドライブがやや侯英超の逆をついた形になり、侯英超はラケットを出すも返しきれずにオーバー…したかに思われたがなんとこれがエッジで入る。九死に一生を得た侯英超と完全に得点したかと思われたポイントを失った松平。

明暗が分かれた瞬間だった。12-11、侯英超のマッチポイントで松平のドライブがオーバーすると、侯英超は両腕をぐるんと回してから拳を突き上げるガッツポーズ! 前回のリベンジを果たした。

「松平とはラリーが続くので苦しい試合になる」と侯英超
惜しくも敗れた松平。侯英超との対戦は今後も注目だ。

あとがなくなった彩たまと一気に勝利を決めたい木下マイスター。第3マッチは平野友樹vs.宇田幸矢、第1マッチのダブルスに出場したふたりの対戦となった。

ダブルス同様に硬さが見られた平野は3-1でリードしていた場面でサービスミスをするなどイマイチ波に乗り切れない。第1ゲームは11-9で宇田が奪った。第2ゲーム、YGサービスが効くとみた平野がYGサービス主体に組み立て、序盤から6-2とリード。8-7と迫られるもタイムアウトを取って一呼吸おいた平野が11-7で取り返す。第3ゲーム、前のゲームに続いて平野のサービスがよく効く。

10-8のゲームポイントでネットインのラッキーもあったが、11-8で平野が取った。迎えた第4ゲーム、4-2で平野がリードすると木下マイスター・邱監督がタイムアウト。「途中から混乱していたが、邱監督から的確なアドバイスをいただけた」と宇田が生まれ変わったようなプレー。あれよあれよと得点を重ね、5連続ポイントで7-4。このまま押し切って11-8。

第1マッチ、第2マッチに続き最終ゲームに突入した。「YGサービスが効いていたので多く出したが最後は慣れられたかも」という平野と、「監督にアドバイス通りにコースを変えたらうまくいった」という宇田。最後は宇田がフォアハンドを振り抜き、11-8。木下マイスターの勝利が決まった。

宇田はシングルスでもTリーグ初勝利でチームの勝利に大きく貢献!
「戦術が偏ってしまったかも…」と試合後にコメントした平野。

彩たまの4番はピッチフォード。昨日の琉球戦でも0-3の4番で登場し、2−0から2-2と追いつかれてから勝利している。負けが決まっている中で戦うのはメンタル的にも非常に難しいが、世界で活躍するピッチフォードは違った。

「昨日の試合もそうだったが、まるで負けているような試合をひっくり返すのがピッチフォード」と坂本監督がうなるほどの試合ぶりを見せた。

木下マイスター・大島のサービスとバックハンドに苦しみ、いつもの広角に揺さぶるバックハンドが出せずにミスを重ねる。主導権を握ることのないまま第1ゲームを7-11で奪われるとベンチでも苦しい表情を見せた。バックハンドでは厳しいとみたピッチフォードはフォアの割合を上げる。

フォアミドルぐらいのボールなら迷わずバックハンドを使うようなプレーをするピッチフォードだが、ミドルに来たボールをフォアで対応。すると徐々にペースはピッチフォード。得意の広角バックハンドも決まりだし、3ゲーム連取で勝利。昨日に続いて0-4での敗戦を阻止する、勝利をあげた。

あまり見ないピッチフォードのフォアでのミドル処理
「Tリーグで6勝2敗はすごい」と坂本監督も舌を巻く。

ホームでまさかの2連敗を喫してしまった彩たまの坂本監督は「全部の試合があと1点多く取れていれば…」と悔しさをにじませ、「平野を宇田に当てたかったし、松平も前回勝っている侯英超に当てることが出来てオーダーは当たった。

これが悪いときの流れなんですかね…」とポツリ。「やはりダブルスを取れないと厳しい。お互いが緊張している出足で簡単なミスをしたらダメ。」とダブルスを課題に挙げた。

「ダブルス…次はサカキシ(現役時代に組んでいた坂本監督と岸川選手のペアの愛称)でいきます」と敗戦後もマスコミへのリップサービスを忘れない坂本監督。

今日の勝利で琉球から首位を奪還(試合数が多いため暫定)した木下マイスター東京の邱監督は「今日は選手が120%の力を出してくれた」と満足げ。

「(水谷、張本、丹羽、フレイタスが欠場で)挑戦者の気持ちで、最初から最後まで思い切って戦ってくれて、競った場面でも攻めることが出来た」と振り返った。
Tリーグ初勝利をあげた宇田は単複2点取りでチームの勝利に大いに貢献。この勝利に、2番で松平を下した侯英超も「若手が活躍してくれたのが嬉しい」と喜んだ。

侯英超とガッチリ握手する宇田。

男子は明日から岡山3連戦。中盤戦に向けて抜け出すチームが出てくるのか、それとも混戦が続くのか。注目だ。