木原が連日のVM勝利! KA神奈川が連勝で日本生命に迫る

前日の日本ペイントマレッツ戦に続いて、日本生命レッドエルフが地元の貝塚市立総合体育館で木下アビエル神奈川を迎えた一戦。首位争いをする両チームとも、昨日は平野美宇、石川佳純という五輪代表争いをする主軸を欠きながらも、若手の活躍で勝利。本日の一戦も、両軍、若手が目覚ましい戦いぶりを見せた。

ダブルスは、日本生命は昨日に続いて前田美優・赤江夏星。中学生・赤江のTリーグ初勝利の勢いを買った起用だ。対するKA神奈川は長崎美柚・曾尖。昨日の浜本由惟・長崎からペアを組み替えたが、長崎と木原美悠をシングルスでも起用したいという劉燕軍監督の意向によるものだ。

第1ゲーム、リードしたのは長崎・曾。5−5から4本連取もあり10−6とゲームポイントを握るが、そこから前田・赤江が5本連取で逆転。続く第2ゲームも長崎・曾が9−4とリードしたが、またも前田・赤江が7連取。昨日のデビュー戦の勝利で慣れたか、赤江がよりリラックスしたプレーで本領を発揮し、日本生命が良いムードで好発進。

続く2番は日本生命・森さくらとKA神奈川・木原美悠の対決。昨日活躍を見せた両者は激しい打撃戦を演じ、最終ゲームに突入。9−9まで競ったが、最後は森がラリー戦を制して激戦に終止符を打った。

辛勝し、安堵の仕草を見せた後にいつものガッツポーズを見せた森(手前)

勝利に王手をかけた日本生命は、昨日まで5戦全勝の陳思羽、対するKA神奈川は長崎美柚。息詰まる両ハンドドライブのラリーが展開された一戦はまたも最終ゲームにもつれ、6−8から5本連取した長崎に軍配が上がった。世界ジュニアで優勝した長崎だが、回転量のあるドライはシニアのトップクラスにある。劉監督は「戦術とともに最後まで諦めない気持ちが勝因」と讃えた。

苦しい場面で回ってきたが殊勲の勝利をあげた長崎

そして4番は日本生命・前田美優に対してKA神奈川・浜本由惟が立ちはだかった。試合は常にパワードライブで押す浜本のペース。前田も諦めずに2ゲーム目に5−8から逆転したが、浜本が前田のフォアサイドを抜くバックドライブを随所で決め、会心の勝利をあげた。

懐の深いドライブが走った浜本

こうして突入したビクトリーマッチ、日本生命は森、KA神奈川は木原という2番の再戦が実現。「1番、2番とも負けたが惜しい試合だった。木原を信じて起用した」という劉監督。木原自身も「2番で負けたけど、ビクトリーマッチは1ゲームだけだから、とにかく最初から思い切っていこうと思った」と試合後にコメントしたとおり、サービスエースを2本取ると強気の攻撃で一気に8−2とリード。そのまま逃げ切って、昨日に続くビクトリーマッチでの貴重な勝利をあげた。

2日連続VMで勝利し、チームにとってのラッキーガールとなった木原(左)

「石川以外はほとんど皆、同じくらいのレベル。スターの石川から若手までいるが、チームワークが良いのがうちのチーム。五輪代表争いに向けて国際大会参戦で戦列を離れている石川や杜凱栞が不在の間に、木原、長崎ら若手の力で貴重な勝ち星を重ね、首位の日本生命に勝ち点で1ポイント差、勝敗数では並ぶことができた。平野、早田が戻ってくる日本生命との争いは、今後ますます加熱することだろう。