トップ名古屋が昨夜の悔しさを返し、ホームで初勝利を飾る

トップおとめピンポンズ名古屋 3-1 日本ペイントマレッツ
4勝6敗 4勝6敗
1 梅村優香 11-6 9-11 6-11 李皓晴
森田彩音 蘇慧音
2 出澤杏佳 11-5 11-6 11-9 松平志穂
3 ハン・イン 5-11 11-7 11-9 11-8 李皓晴
4 サマラ 6-11 7-11 11-7 11-7 13-11 小塩遥菜

 

トップおとめピンポンズ名古屋と日本ペイントマレッツの一戦。前日に木下アビエル神奈川にビクトリーマッチのジュースという僅差で敗れたトップ名古屋だったが、藤川監督、矢島コーチがチームを立て直し、選手は最大のパフォーマンスを発揮。日本ペイントを3‐1で下し、今シーズン初となるホームでの勝利を飾った。

 

第1マッチのダブルスは、昨日勝利を上げた梅村/森田が速いラリーで李皓晴/蘇慧音のパワーを封じて1ゲーム目を取り、2ゲーム目も9‐7とリードしたが、そこから4連続失点で落とすと、3ゲーム目は出足で離されて逆転負け。日本ペイントが貴重な第1マッチを勝利した。

リードされても取り乱さず、最後は貫禄のプレーを見せた李皓晴(右)と蘇慧音

 

第2マッチは、世界ジュニア選手権から帰国後に高校の「試験明け」からかけつけた出澤と前日に今シーズン初出場初勝利を上げている松平が対決。

この試合がTリーグ初出場の出澤だが、ラケットをくるくると回して表ソフトとツブ高を巧みに操り、松平の強打を封じると、圧巻のストレート勝ち。高校生の出澤がチームのピンチを救う活躍でトップ名古屋が1点を返した。

出澤は早いラリーの中で相手を非常によく見て、緩急がつけられる

得意の両ハンドドライブを封じられた松平

 

第3マッチは、昨日のアビエル戦で2失点のトップ名古屋のエース、ハン・インとループドライブとスピードドライブを駆使するカット打ちのうまい李皓晴。1ゲーム目は李皓晴のドライブに押されたハン・インだが、バックハンドで積極的に攻撃を仕掛けるなど戦術転換を行うと李皓晴にミスが出始める。ドライブに対しても距離感をつかむとカットにミスがなくなり、カット対ドライブの好ラリーが続出する。

3ゲームを連取したハン・インが逆転で李皓晴を破り、トップ名古屋が勝利にリーチをかけた。

1ゲーム目を快勝した李皓晴だったが……

あまいツッツキをバックハンドで狙ったハン・イン

カットとドライブによる息を飲むほど長いラリーが続出した

 

第4マッチに登場したのは好調のサマラと、出澤と同じく世界ジュニアから帰国した小塩というカード。小塩は中学2年ながら世界ジュニア女子シングルスで銀メダルを獲得し、世界から注目を浴びた。

試合が始まると小塩の凄まじいテクニックにサマラは何もできないという予想外の展開に。小塩は裏ソフトのツッツキとカットを切ってサマラにツッツキさせて、それをバックハンドのツッツキで下回転と横回転を混ぜて得点を連発。ツブ高でもツッツキに見せかけて斜め上に持ち上げるスイングで複雑な回転を生み出したり、プッシュのようなツッツキでノータッチを奪うなど、サマラにまもともカット打ちをさせなかった。

完全に小塩ペースで進んでいた試合だったが、ベテランのサマラの心は折れていなかった。徐々に小塩のテクニックプレーに慣れてくると、3、4ゲームを奪って6オールの最終ゲームに持ち込む。だが、サマラも反撃も虚しく、最終ゲームは小塩が10‐7とマッチポイント。勝負あったかと思われたが、サマラがスーパープレーを重ねてジュースに追いつくと、13‐11で小塩を下した。

サマラの大逆転劇によりトップ名古屋はホーム戦で初勝利。オレンジ色のハッピを着たたくさんのトップ名古屋のサポーターが乱舞した。敗れたとはいえ、小塩のプレーは素晴らしく、レベルの高いTリーグでも十分戦える力を持っていることがわかった。

苦しみながらもチームのために集中力を切らさなかったサマラ

抜群のフィーリングを持ち、多彩なテクニックを持つ小塩。誰もできないようなニューカットスタイルが魅力だ

勝利後にベンチに戻ったサマラをハン・インが抱きしめる