またも岡山を救った趙大成!連敗から脱出

琉球アスティーダ 2-3 岡山リベッツ
7勝4敗 3勝10敗
1 李平 5-11 11-8 7-11 森薗政崇
陳建安 町飛鳥
2 荘智淵 9-11 11-10 9-11 2-11 趙大成
3 吉村真晴 11-8 11-6 9-11 11-6 吉田雅己
4 朱世赫 8-11 11-5 11-7 11-9 森薗政崇
5 吉村真晴 9-11 趙大成

11月23日のT.T彩たま戦でピッチフォードと神に勝利し、華々しいデビューを飾った趙大成。

1カ月ぶりに岡山リベッツに合流した韓国のホープがまたも2点を叩き出し、岡山リベッツが久しぶりの白星を獲得。「1勝が重い」と白神監督がコメントした今日のマッチを振り返ろう。

 

今期はホームの試合は2戦2勝の琉球アスティーダ。順位も2位につけており、好調のまま再び沖縄に戻ってきた。

一方で、ホームで4連敗し、なんとか悪い流れを断ち切りたい岡山リベッツ。

琉球がベストメンバーを揃える中、岡山は4人最小人数での試合となった。

 

ダブルスは調子の良い岡山リベッツの森薗/町が1ゲーム目を圧倒。

岡山ペアにミスがほとんどなく、相手のつなぎを上から叩いて8-1と離す。その勢いのまま2ゲーム目も8-4とリードし、一気に勝負を決めるかと思われたが、ここから琉球アスティーダの李平/陳建安の動きがどんどん良くなっていき、なんと7連続ポイントで2ゲーム目を取り返して、最終ゲームへ持ち込んだ。

ずるずると相手のペースに持ち込まれそうにながらも、それを振り切るかのように森薗/町は、最終ゲームの1本目から吠える。動ききった岡山リベッツがダブルス先勝だ。

 

第2マッチは荘智淵と趙大成。チャイニーズタイペイのベテランと韓国の若手の対決となった。

ボールのスピードはそこまで速くはないが、手足が長く、届く範囲が広い趙大成。さらにサービスもわかりづらく、変化も多彩。荘智淵といえども簡単な相手ではない。

荘智淵はまともに打ち合うのではなく、打球点だけは早く前陣をキープし、ブロックで的確にコースをついていく。打たせて取る。ベテランの後の先で趙大成に対抗した。

趙大成としては、打たせてもらえるなら望むところだろう。

フォアでの大振りでは荘智淵のブロックにつかまってしまうが、鋭いバックドライブなら押して行ける。レシーブからチキータを連発し、3ゲーム目を逆転で取ると4ゲーム目は圧倒した。

強い、強いぞ、趙大成。淡々とゲームを進める若虎が試合を決め、岡山リベッツが王手をかけた。

「今日はサービスが効いた」と趙大成
前回はVMで趙大成に勝っていたが・・・

あとがなくなった琉球アスティーダは3番に吉村真晴、対する岡山リベッツは吉田雅己が登場。

序盤は吉村が威力あるフォアとカウンターで吉田を振り回して優位な展開にする。台上でも吉田が迷うようなハーフロングとショート、そして深いツッツキを混ぜていき、十分な体勢での強打を封じた。

台上が読めず、打球点が遅れた吉田

 

吉田のつなぎをしっかりカウンターで狙った吉村

 

こうなると第4マッチの朱世赫が取り、VMまで持ち込んで勝つというビジョンが見える。一方で、森薗のカット打ちの成長も気になるところだ。

森薗はレシーブからチキータで攻めていく。カット打ちもあまり無理打ちはしないまでも、ツッツキは最小限に使用。攻撃のうまい朱世赫に対して甘いボールは命取りになるからだ。

ならば朱世赫は粘るのみ。

強打はもらわないのだから、森薗のドライブをひたすらにカットで粘り、体力を奪っていく。時折、やや浮いた誘い球で強打ミスを誘っていくところはさすがだ。

4ゲーム目、森薗にミスがなくなっていき、競ったラリーが続く。10-9のマッチポイントで朱世赫が今まで一度も見せていなかったフォアフリックでレシーブエース。

これぞ世界の朱世赫か。引き出しの多さで森薗に勝利し、これで2-2。VMは吉村vs趙大成になった。

フォアの連続打は肩を持っていかれるくらい負担がかかる

 

恐ろしい粘り。これぞ朱世赫
鉄人健在だ!

勝負を決めるVM。

鋭い攻撃で趙大成がリードするも、吉村のサービスが効き、両者サービスをもったほうが点数を取る展開。趙大成は吉村のサービスを最後までわかっていなかったが、2分の1にかけた強気なレシーブで打ち込んだ。どっちつかずの入れるレシーブでは逆転されていたかもしれない。その度胸ある選択肢に拍手を贈りたい。

「VMは朱世赫さんが来たら嫌でした。きついです。でも今日の試合は吉村さんの調子が良かったから、吉村さんが来るとは思いました。吉村さんのサービスはすごい。下回転がすごくかかっていて、わかりづらいが、上回転ならわかる。だから上回転に絞って狙いました。」(趙大成)

趙大成の勇気が勝利を導いた
必死の応援で趙大成を後押しした岡山リベッツのメンバー

「今シーズン1勝の重みを感じています。4連敗中でしたが、前回勝った時も趙大成がいたし、森薗が世界選手権の切符をつかんだあとなので、チームの雰囲気は良い。VMは趙大成と決めてました。朱世赫には自信がないと言ってましたが、吉村くんがくると思って出しました。明日、東京でも勝って締めくくって、来年につなげたい」と白神監督。

白神監督、ようやく安堵の表情

連敗を4で止め、ここから岡山リベッツが浮上するか?