劣勢から立て続けに逆転。日本生命が初代女王の底力を見せる!!

トップおとめピンポンズ名古屋 1-3 日本生命レッドエルフ
5勝7敗 7勝4敗
1 森田彩音 5-11 7-11 陳思羽
梅村優香 田志希
2 ハン・イン 5-11 11-8 11-9 11-7 森さくら
3 サマラ 11-4 11-10 4-11 7-11 9-11 田志希
4 梁夏銀 11-10 11-4 8-11 5-11 8-11 早田ひな

 

 トップおとめピンポンズ名古屋のホームで開催された多治見での2戦目。相手は初代女王の日本生命レッドエルフ。トップ名古屋はホームで2連勝中でこの試合で3連勝を狙う。対する日本生命は2連敗中と厳しい戦いが続き、ここで連敗を脱出し、後半戦に繋げたいところだ。

 第1マッチのダブルス。トップ名古屋は前日勝利している梁夏銀/鈴木ではなく、森田/梅村の中央大コンビを使う。日本生命は田志希/陳羽思の世界トップ選手同士のペア。試合は序盤から日本生命ペアが力強い攻撃を浴びせて5-0とトップ名古屋ペアを突き放すと、11-5で先制。2ゲーム目になるとトップ名古屋ペアもカウンターで盛り返すプレーが出てきたが、そのカウンターを日本生命ペアがさらにカウンターで跳ね返すなど、ワールドレベルのプレーを見せた日本生命ペアがストレートで勝利をあげた。

動きの早さ、ボールの威力で圧勝した田志希(左)/陳思羽

反撃の糸口を見つけられないまま敗れた森田(右)/梅村

 

 第2マッチはハン・インと森。森は回転量のあるループドライブでハン・インのカットを浮かせると、スピードドライブとスマッシュで得点を重ねて1ゲーム目を奪う。

 一方的な内容でゲームを落としたハン・インだが、2ゲーム目から戦術を変える。ツッツキに横回転を入れて森のドライブの威力を弱めさせると猛烈に切ったフォアカットで森のスマッシュをネットにかけさせる。バック面の表ソフトのカットではナックルを多用してオーバーミスを誘うことに成功すると、森のドライブの勢いが落ち始める。

 2ゲーム目以降はハン・インのペースで試合が進み、森も必死の粘りで食らいついたが3-1でハン・インが逆転勝ちを収めた。

回転量のあるドライブで善戦した森だったが……

横回転ツッツキと攻撃で森を崩したハン・イン

 

 第3マッチはサマラと田志希のサウスポー対決。前日にストレート負けしているサマラはスタートから気合十分。サービスからの3球目攻撃がおもしろいように決まり、2ゲームを連取する。

 だが、このまま終わらないのが田志希。縦回転系のサービスでサマラのレシーブをツッツキに限定させるなどサービスで崩して攻撃のリズムをつかむと、2ゲームを取り返してVマッチへ。10-9と田志希がゲームポイントを握ると、最後は田志希のやや浮いたストップレシーブをサマラがネットにかけてゲームセット。田志希が驚異的な逆転を見せた。

押されていた展開を打破する力を持っている田志希

あと一歩のところで敗れたサマラはご覧の表情

 

 第4マッチに登場したのは梁夏銀と早田。早田の名前がコールされてコートに入ると会場から歓声が沸く。人気選手の登場に多治見市近郊の卓球ファンから大きな声がかけられる。

 早田有利と予想していた試合だったが、梁夏銀が冴え渡る。ピッチの早いバックハンドの連打で早田のバックを攻めて得点し、長いラリーになってもフォアドライブで押すなど、梁夏銀が完璧なプレーで2ゲームを奪った。

 「田志希が2ゲームを取られた時はまだ使っていない技術や戦術があったので挽回できると思っていたが、早田が2ゲームを取られた時は正直きついなと思っていた。梁夏銀の出来が素晴らしかった。ただ、私としてはもう少し梁夏銀のフォア側を攻めたほうがいいと感じていて、早田がそこから徐々に崩していけましたね」と日本生命の村上監督。

 3ゲーム目も5-8とリードされていた早田だったが、このゲームをなんとかして奪うと、4ゲーム目以降は早田らしいパワフルな両ハンドドライブが炸裂。第3マッチの田志希に続いて、早田も0-2のビハインドから逆転し、日本生命が連敗を止めた。

梁夏銀は3ゲーム目の終盤まで完璧なプレーをしてたが……

逆転勝ちでチームの連敗を止めた早田を迎えるベンチ

 

 これで日本生命は7勝4敗、トップ名古屋は5勝7敗になったが、2月は連戦が続くだけにまだまだ順位は入れ替わる可能性がある。今シーズンの女子は最後まで見逃すことができない混戦になりそうだ。

大人気の早田は試合後にファンのサインに応じた