水谷が敗れるも、張本が意地の2連勝でKM東京が首位を死守!

木下マイスター東京 32 T.T彩たま
12勝6敗 9勝9敗
1 宇田幸矢 9-11 7-11 黄鎮廷
田添健汰 神巧也
2 丹羽孝希 11-7 11-9 11-6 モーレゴード
3 水谷隼 9-11 11-7 11-10 5-11 8-11 神巧也
4 張本智和 11-5 2-11 11-9 11-7 松平健太
5 張本智和 11-9 松平健太

 

残り4試合となり、佳境を迎えているTリーグの2ndシーズン。11勝6敗で単独首位の木下マイスター東京、そして琉球アスティーダと同じ9勝8敗で並ぶ2位のT.T彩たまが、カルッツかわさき(神奈川県川崎市)で激突した。

トップのダブルス、ゲーム開始から声を出して、トップギアで攻め立てたのは彩たまの黄鎮廷/神巧也ペア。昨日連勝が止まった木下の宇田幸矢/田添健汰を相手にフォアドライブを決めて一気に5-0とリード。途中ストップに苦しみ、ミスが出て追いつかれた場面もあったが、きっちりと2ゲーム連取し、大事なダブルスを先制した。

ベンチ&観客との一体感はTリーグ随一。彩たまが先制

続く2番は、丹羽孝希対モーレゴード。「初の対戦でしたが、モーレゴードはいろいろなことをしてくると聞いたので、動画などを見て対策してきた」という丹羽。序盤はモーレゴードの威力あるフォアドライブと逆を突く巧みなコース取りに苦戦するも、終盤でサービスエースを奪い、ゲームを奪取。続く第2、第3ゲームも中盤まで競り合いながら、後半は相手のレシーブを崩して丹羽がストレート勝ち。「普段は、3番か4番に出るので2番に出るのは珍しかったけど、気持ち的にやりやすかったですね」(丹羽)。

モーレゴードの変則プレーにも動じず、落ち着いて勝利した丹羽

丹羽のサービスを攻略できず、3ゲーム目は集中力も切れてしまった

1-1のタイに戻して、3番は水谷隼対神巧也のキャプテン同士の対決。過去3戦全勝と神に対しては圧倒的に分が良いはずの水谷だが、神の連打を止められない。「昔はサービスで崩されることが多かったが、今日はレシーブがうまくいった」という神は、コースを散らして水谷に先手を打たせず、得意のラリー戦に持ち込んで得点を重ねた。最終ゲームも最後まで攻めきった神が、尊敬する大先輩から悲願の初勝利。「ずっと背中を追いかけてきた存在なので、勝てて嬉しい。感極まりました」と喜びを爆発させた。

神のフォア連打、止まらず!

今日はサングラスを着用した水谷。得点チャンスでフォアドライブのミスが出るなど、らしくないプレーも見られた

神が悲願の公式戦初勝利。敗れた水谷もうっすら笑顔

続く4番は、張本智和対松平健太。徹底的に得意のバックハンドで上から叩き、スピード勝負で優位に立った張本が幸先よく第1ゲームを取る。第2ゲームは3球目や台上のミスが続いて大量リードを許すも、「何点で負けても1ゲームは1ゲームと気持ちを切り替えた」張本はすぐに立て直して、第3、4ゲームも勝利。昨日はまさかの逆転負けを喫した張本だったが、今日はメンタルが崩れることなく勝ちきった。

そして、そのまま同カードとなったビクトリーマッチも、7-9からの4本連取で張本が松平に対して逆転勝利。勝った瞬間、ベンチに向かってダッシュし、監督と熱い抱擁をかわした。

 

1-2の苦しい状況からエース張本の2点獲りで、木下マイスター東京が首位を死守。

一方のT.T彩たまは敗れたとはいえ、ビクトリーマッチに持ち込み勝ち点1を獲得。「この1点がすごく大事になると思うので、点が取れたことは良かった。あとは琉球との直接対決をしっかり勝ちたい」とT.T彩たまの坂本監督は語った。