岡山ホームで魅せる勝利! 琉球は明日に全てを懸ける〈ハイライト動画あり〉

岡山リベッツ 3-1 琉球アスティーダ
6勝14敗 10勝10敗
1 町飛鳥 11-10 11-10 吉村真晴
三部航平 木造勇人
2 吉村和弘 11-10 11-7 9-11 11-9 朱世赫
3 吉田雅己 9-11 10-11 11-1 11-6 11-9 吉村真晴
4 町飛鳥 11-9 9-11 5-11 7-11 荘智淵
5

女子のファイナル進出チームが決まる中、男子は最後の最後までデットヒートを繰り広げている。

上位3チームの成績が拮抗し、今日・明日の最終戦ですべてが決定する。

岡山リベッツのホームに乗り込んできた琉球アスティーダ、明日のT.T彩たまの前に勝点をあげてプレッシャーを与えたい。岡山としても来シーズンに向けて、最後のホームでファンの前で勝つ姿を見せたい一戦だ。

上田仁がベンチ入りし、「おかえり仁さん!」のプラカードが見える中、運命の試合がスタートした。

みんなが待っていた。上田の復帰。今日はベンチでアドバイス

 

ダブルスは森薗を欠く岡山リベッツは町/三部のペアで出場。琉球は最近不動のペアリングになりつつある吉村/木造だ。

この試合、岡山が2-0のストレート勝ちを収めているが、どちらも11-10の大接戦。岡山ペアはストップを主体にして、琉球ペアの強打を防ぎつつ、フリックを誘導する。バックのチキータに比べるとスピードが遅く、ストレートに打たれにくいフリックを待ってラリーにしていった。

この作戦が功を奏し、1本、2本とフリックのミスも出てきてしまった琉球ペア。1本のミスが大きくのしかかり、町/三部が先取した。

「ぼくらは右利き同士でしかも初めてのペアだったので、サービス・レシーブを重視しました。木造のフォアにストップすることを考えました。バックにストップしてしまうと、木造のバックドライブが広角にくるので、右利き同士のペアだと大きく動かされてしまう。ラリー回数を多くしたら不利だと思って、フォアで打てるチャンスがあったらパワーで押していこうと思いました」(町)

「練習したのは半日くらいであれだけいい試合ができて、コンビネーションも合っていたと思います」(三部)

下げられても粘った町/三部
三部のアシストも良かった。さすが全日本ダブルス3度も優勝した覇者だ

2番は岡山の吉村和弘が見事なカット打ちで朱世赫を下す。

朱世赫の重いカットをもろともせず、吉村のフォア強打がことごとく決まる。3ゲーム目こそ、朱世赫のサービス3球目で取られたが、カットvs攻撃の展開では吉村が完全に有利だった。

吉村のフォアドライブは、全日本の時とも違う重い球質にパワーアップしているように感じる。朱世赫がドライブの引き合いであらぬところにオーバーミスしてしまうほど、吉村のフォアは走っていた。

「カット打ちはすごい自信がある。ゲームは取られたけど、負けない自信がありました。まだ試している段階ですが、フォアを中国製の粘着ラバーに変えました。それが良いのかもしれません」(吉村)

とラバーの変更を明かした。

強打に押されて、カットが安定しなかった朱世赫
吉村、また一段と強打が鋭くなった
まだチームの勝利は決まらない。ここは静かにガッツポーズ

あとがなくなった琉球。負けるにしてもなんとかVMまで持ち込んで勝ち点を取り、T.T彩たまとの点差を詰めたいところ。

その危機感があるからだろう、4番の吉村真晴が2ゲームを連取して、全日本3位の吉田を一気に引き離す。

しかし、次第に「マサキ!マサキ!」の応援コールが大きくなるとともに、吉田の勝負師としての勘が鋭くなっていく。サービスを変え、ラリーでもコースを読み、得意のカウンターをお見舞い。0-2から2-2に追いつき、最終ゲームでも動きの良さを継続して吉村から逆転勝ち。

「もっともっと!」と観客の応援をあおった吉田。ホームの声援を力にし、見事な試合で琉球を下した。

「0−2からでもチャンスはある」と諦めなかった吉田
吉田が観客をあおる。もはや吉田劇場だった

4番は荘智淵が町を下し、意地の1点を取り返した。まだ試合はあるんだと諦めないと言わんばかり。決して死んだ眼はしていない。明日の最終戦では荘智淵の活躍が不可欠だろう。

16時から始まる木下マイスターvsT.T彩たまの試合の結果次第だが、今日の時点でファイナルへ進むチームが決まるかもしれない。

どちらにしても琉球は明日のT.T彩たまで勝つ、それしかファイナルへの道はない。

久々のホームで勝利した岡山。

白神監督は「会場の雰囲気が良くて、上田も帰ってきてくれたし、応援で心がぐっときました。試合は琉球側はファイナルがかかっていて固くなっていた。初めて組んだダブルスで勝利できたことがキーマッチでした。また、うちにとっては吉村和弘の存在が大きい。今シーズンはうちの選手はカットマンに一回も勝ってない。昨シーズンも吉村が水谷や張本に勝ってチームが勢いに乗れたし、今回も吉村がカットマンに勝ってくれた。

3番の吉田は実力もあるし、チキータに対してしっかり打てた。サービスの配分も気をつけた。オーダーはバッチリです。VMには吉村を書いていました」とコメント。ホーム最終戦の第一戦で勝利を飾り、安堵の表情だった。

まだ明日、あと1試合ある。岡山リベッツはファイナルへ進むことができないが、最後は笑って!2ndシーズンを終えたい。

●ハイライト動画

※映像提供:Tリーグ